Monthly Archives: 5月 2014

  • 0

DTM講座#3 ~DAWソフトを使ってみよう(ピアノロールへの打ち込み)~

Category : DTM講座

こんにちは。
かなり時間が空いてしまいました。

サボってたわけじゃないんですよっ・・・?
「次はどこから説明すればよいものやら」と慎重に考え抜いたために
時間が空いてしまっただけであって・・・(ブツブツ



さて、前回、前々回とDAWの紹介をしていきました。
今回は実際にDAWを使って、作曲をしてみましょう。
(DAWのインストールが終了している事を前提に進めます)



それでは早速DAWを使ってみましょう。(図のDAWはSONAR X2 Producer)

1.DAWを起動します。
2.「新規作成」をクリック
・・・大体はウィンドウ上部「ファイル」タブの中に「新規作成」があると思います。

ここまでで曲を作る大まかな準備は出来ました。
次は曲情報の変更や楽器の追加をしていきます。



ここからはDAWによって設定や表示の仕方が変わってくる思います。
「(゚⊿゚)ワカンネ」となってしまった方は
面倒臭いのは百も承知ですが
DAWの分厚いマニュアルを開きながらやりましょう。

初期状態はこんな感じです。

中央上の部分で拍子やテンポ(BPM 、Beat Per Minute)を調節できます。


拡大図がこちら。
上部分は現在位置
下部分は左から
・オーディオエンジンの開始/停止
・オーディオ/MIDIのリセット
・サンプリングレート(96kHz)
・ビット数(16bit)
・テンポ(120.00BPM)
・拍子(4/4拍子)
となっています



それでは早速、音を打ち込んでいくわけですが、
音源を設定しないと音は出てくれません。

PCには予めMIDI音源が内蔵されていて、
SMF(Standard Midi file)などのMIDIファイルの再生にはその音源が使われます。
音は少し残n・・・げふんげふん
(そこら辺の問題は後から解消していきますので今はこれでご勘弁を。。。)

その音源をMIDIトラックに設定します。

「あれwwwwドラム無くね?wwwww」と思った方もいると思います。
設定はDAWによって違いますがちゃんとあるのでご安心を。





さて、ピアノロールなるものを表示させてみましょう。
その時、表示させたいトラックを選んでおきます。

\バーン/

ピアノロールはピアノの鍵盤が縦に並んだものです。
上にいくほど高い音が出ます。

ここで打ち込む音の最短の長さを調節します。

あとはクリックで音符を打ち込むだけです(´・ω・`)




DAWではどの楽器でも共通してこの様なやり方で打ち込めるので
ここまで習得したらほとんどあとは作るだけと言えます。

記事一覧へ