音楽理論#2 ~五線譜と音高、音名~

  • 0

音楽理論#2 ~五線譜と音高、音名~

Category : 音楽理論

前回は「音符」と「休符」について、特に音価の表現を中心に説明しました。

今回は「音符」や「休符」を記す「5線譜」と
音の高さを表す「音高」について説明していきたいと思います。


5線譜は文字通り5本の線が横に引かれたもので、これも音を表すのに欠かせないものです。
縦方向は音高を表し、上にあるほど高い音を表します。
横方向は時間を表し、左から右に演奏されます。

線は下から順に第1線…第5線、線と線の間についても同様に第1間…第4間と呼ばれ、
この「線」や「間」に音を配置する事で音高が表されます。
5線の範囲では表し切れない高さに音符を配置する場合、
同間隔な線を上もしくは下に引き(加線)、
その線をそれぞれ上第1線…、下第1線…、
新たに出来た間を上第1間…、下第1間…として音符を配置します。

単一の声部しかない場合、
大体第3線から上に音符を配置する場合には音符の符幹や符尾は下向きに記します。
複数の声部が存在する場合、
高音の声部は上向き、低音の声部は下向きに記します。




これで何となく上下で高さが異なるという事は理解したかと思います。
しかし、これだけでは2つの音の高さの違いは分かっても、
具体的に各音がどんな音であるのかが分かりません。

そこで、「音名」を使って絶対的な音高を表します。
音名はイタリア語や英語、ドイツ語などに加えて、
日本では日本語の音名も使われています。

イタリア語 英語 日本語 ドイツ語 実際の音(C4~B4)
Do(ド) C C(ツェー)
      do
Re(レ) D D(デー)
      re
Mi(ミ) E E(エー)
      mi
Fa(ファ) F F
      fa
Sol(ソ) G G(ゲー)
      sol
La(ラ) A A(アー)
      la
Si(シ) B H(ハー)
      si



基本的にこの7音を元に音を表すので、幹音を辿った場合、
8つ目で音高が異なる同音名の幹音になります(オクターヴ)。

この高低の差は「科学的ピッチ表記法」においては数字で低い順に表され、
例えば88鍵のピアノで4番目のCをC4と表し、日本語では「中央ハ」と呼びます。
このオクターヴに属するA4の周波数は現代では440Hzと決められており、
調律の際の基準となる音になります。

5線譜上にこれらの音を表すにあたって、
記すべき位置を決定する音楽記号が3つ存在します

・ト音記号
 見た事がある人も多いかと思います。
 「ト」音を表す「G」を図案化した記号で、高音域を表します。
 この場合(ヴァイオリン記号)は渦の中心を横切る第2線がG4である事を示しています。
 
 (左から、C4 D4 E4 F4 G4 A4 B4 C5)

・へ音記号
 これも見た事のある人が多いかと思います。
 「ヘ」音を表す「F」を図案化した記号で、低音域を表します。
 この場合(バス記号)は右側の2点の間に位置する第4線がF3である事を示しています。
 
 (左から、C3 D3 E3 F3 G3 A3 B3 C4)

・ハ音記号
 小中の音楽ではまず見られない記号です。
 「ハ」音を表す「C」を図案化した記号で、中音域を表します。
 この場合(アルト記号)は中央の窪みを横切る第3線がC4である事を示しています。
 
 (左から、C4 D4 E4 F4 G4 A4 B4 C5)

また、以下の様に記す事で
実際は数オクターブ上の音高を表したり、数オクターブ下の音高を表す事も出来ます。
・オッターヴァ アルタ
  = 
 (記譜上:C4 実音:C5)

・オッターヴァ バッサ
  = 
 (記譜上:C5 実音:C4)

・クィンディチェジマ アルタ
  = 
 (記譜上:C4 実音:C6)

・クィンディチェジマ バッサ
  = 
 (記譜上:C6 実音:C4)



今回は音高、特に幹音の表現について説明しました。
次回はここから少し発展させて、調と階名について説明していきたいと思います。

記事一覧へ



コメントを残す