音楽理論#3 ~スケール・調1~

  • 0

音楽理論#3 ~スケール・調1~

Category : 音楽理論

今回はより実用的な音楽理論の概念、「スケール」について説明したいと思います。

「調」と「スケール」については、同じものと考えてもらっていいです。


スケールとは何か

「スケール」は、ある音楽を構成する音の集まりです。
これでは少し抽象的すぎるので、具体例をあげましょう。
以下は「カエルのうた」の楽譜です。

これを見てもらえればわかるように、この「カエルのうた」は、「ドレミファソラシ」の音によって作られています。
このような音楽を「Cメジャースケールの曲」(日本語では「ハ長調の曲」)と呼びます。そして、この「ドレミファソラシ」の7音の集まりことを「Cメジャースケール」(ハ長調)と呼ぶのです。

他には、「ファソラ シb ドレミ」の7音の集まりは「Fメジャースケール」、「ラシドレミファ ソ#」の7音のあつまりは「Aハーモニックマイナースケール」と呼んだりします。

なんでスケールが必要なのか

基本的なスケールについては、その形が決まっています。そして、そのスケールに入っている音を中心にして音楽を組み合わせることで、自然な曲を作ることができるのです。
どういうことかというと、例えば「何メジャースケール」と呼ばれるスケールは、その基本となる音から順番に「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」という配置になっています(詳しくは次項)。
「スケール」が生まれてそれに合わせて曲がつくられたというよりは、昔の人がいろんな曲を聞いて見つけた音の集まり方の法則を「スケール」と名付けた、と考えればわかりやすいのではないでしょうか。

さらに余談ですが、これは様々な他の「音楽理論」についても当てはまることでしょう。

スケールの分類・作り方

スケールには、基本的な2つのタイプがあります。

  • メジャースケール 明るい響き
  • マイナースケール 悲しい響き

この2つのスケールの作り方を見ていきましょう。

メジャースケールの構成

日本語では「長調」といいます。
メジャースケールは、明るい響きをもたらすスケールです。明るさや楽しさ、やさしさや前向きな気持ちを表現しやすくなります。Jpopの有名な曲やJロックなどはだいたいメジャースケールです。マーチやファンファーレなどもメジャースケールで作られることが多いでしょう。ただ、普通に作ると駄々明るくなりやすいという難点もあり、受けを狙うならメロディや楽器選び(音色)などに工夫があったほうがいいでしょう。
メジャースケールは、ある基準となる音から順に
全・全・半・全・全・全・半
と上がっていくことで作られます。
楽譜で見ると少しわかりづらいのですが、DTMで使用されるピアノロールを見てもらえれば直感的に理解できるのではないでしょうか。

たとえば、C(ドの音)から始まるメジャースケール「Cメジャースケール」は、
ド→全音上→レ→全音上→ミ→半音上→ファ→全音上→ソ→全音上→ラ→全音上→シ→半音上→ド
というふうにたどっていって、
ドレミファソラシド
となります。この7音を主に使い、さらに「ド」を大切な音として扱うことで「Cメジャースケール」の曲を作ることができるんですね(大切に使う、のやり方は次回)。楽譜ではこのような感じになります。

同じようにして、D(レの音)から始まるメジャースケール「Dメジャースケール」は、
レ→全音上→ミ→全音上→ファ#→半音上→ソ→全音上→ラ→全音上→シ→全音上→ド#→半音上→レ
レミ ファ# ソラシ ド# レ
となります。この7音を中心に使い、さらに「レ」を大切な音として扱うことで「Dメジャースケール」の曲を作ることができるんですね。楽譜ではこのような感じになります。

この楽譜のように、ト音記号、ヘ音記号のとなりに臨時記号#、bがついている場合、それはその曲のスケールを表しているんです。

マイナースケールの構成

日本語で言うと「短調」です。
マイナースケールは暗い響きや悲しい響き、恐怖をもたらしたり、あるいは美しさや静かさを感じさせたリ、逆に暴力的な激しさを感じさせることもあります。狙い通りに扱うのは難しいのですが、とりあえず作ってしまえば名曲っぽくなってしまう楽さもあります。クラシックの有名な曲やゲームミュージックなどに使われていることが多いです。
マイナースケールには、使い方によっていくつか種類があります。でも1つ1つまったく別なのではなく、目的があってちょっとづつ変えられているのです。基本になるものから1つづつ見ていきましょう。

1つ目は、ナチュラルマイナースケールです。
ナチュラル(自然な)の名の通り、聞いているとシンプルな悲しさを感じるスケールだと思います。ただ、ほかのマイナースケールと比べると明るさも感じます。
ナチュラルマイナースケールは、ある基準となる音から順に
全・半・全・全・半・全・全
と上がっていくことで作られます。

たとえば、A(ラ)の音から始まるナチュラルマイナースケールは、
ラ→全音上→シ→半音上→ド→全音上→レ→全音上→ミ→半音上→ファ→全音上→ソ→全音上→ラ
ラシドレミファソラ
となります。

ここで気づいた人も多いかと思いますが、Aナチュラルマイナースケールは、Cメジャースケールと構成する音が全く同じになってしまっています。差は「どの音を中心に使うのか」しかありません。これと同じように、すべてのナチュラルマイナースケールには構成する音が同じメジャースケールがあります。これが、ナチュラルマイナースケールがマイナースケールの中でも明るめの響きを持つ原因だと思います。


ちょっと長くなってしまったので、残りはまた次回。

記事一覧へ

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`fc2` not found]


コメントを残す