音楽理論#4~スケール・調2~

  • 0

音楽理論#4~スケール・調2~

Category : 音楽理論

さて、前回より引き続きスケールの理論を見ていきましょう。

前回はマイナースケールについて学習していました。マイナースケールにはいくつかの種類があり、前回紹介したナチュラルマイナースケールに加えて、あと2つのマイナースケールを紹介していきたいと思います。

2つ目のマイナースケールは、ハーモニックマイナースケールです。
ハーモニックマイナースケールは、ある基準となる音から順に
全・半・全・全・半・全+半・半
と上がっていくことで作られます。
A(ラ)の音から始まるハーモニックマイナースケールは、
ラ→全音上→シ→半音上→ド→全音上→レ→全音上→ミ→半音上→ファ→全音+半音上→ソ#→半音上→ラ
ラシドレミファ ソ# ラ
です。

楽譜を見てもらえるとわかりますが、ナチュラルマイナースケール以外のマイナースケールでは、調号であらかじめスケールを示しておくのではなく、スケール上の特定の音に臨時記号をつけることでスケールを表します。
ナチュラルマイナースケールと比べると、第7音(AナチュラルマイナースケールにおいてG、ソの音)が半音 上がっていることに気が付くと思います。このスケールは、音楽を美しく終わらせるためにナチュラルマイナースケールを改良したスケールなのです。

なぜ第7音を半音上げるのか

なぜ音楽を美しく終わらせるために、第7音を半音上げなければいけなかったのでしょうか。
それには、「導音」という考え方が関係しています。
導音とは、あるスケールにおいて、「第7音」であり、「基準となる音の半音下」にある音のことです。
この音には、「次に基準となる音に進むことで、音楽の終わりを演出する」という効果があります。
なので、美しく音楽を終わらせるためには、導音がスケール内にあったほうが嬉しいのです。
ところが、ナチュラルマイナースケールを見てみると、「第7音」が「基準となる音の全音下」にあることが分かると思います。

これでは、導音を使って美しく音楽を終わらせることができません。
そこで、ある人がシンプルにこう考えました。
「導音が無いなら作ればいいじゃないか」と。
(この小話は解説用であり、実際の歴史とは関係ありません。)
というわけで、ナチュラルマイナースケールの「第7音」を半音上げてしまって、「導音」にしてしまったのです。
これで、マイナースケールの曲も美しく終わらせることができるようになったわけです。

さて、最後に紹介するマイナースケールは、「メロディックマイナースケール」です。
メロディックマイナースケールは、基準となる音から、
全・半・全・全・全・全・半
と上がっていくことで作られます。


A(ラ)の音から始まるメロディックマイナースケールは、
ラ→全音上→シ→半音上→ド→全音上→レ→全音上→ミ→全音上→ファ#→全音上→ソ#→半音上→ラ
ラシドレミ ファ# ソ# ラ
です。
こちらは、先ほどのハーモニックマイナースケールの第6音を半音上げたものです。
そして、こちらもナチュラルマイナースケールと同じ調号と臨時記号でスケールを表します。
ハーモニックマイナースケールは、確かに音楽を綺麗に終わらせることができます。しかし、ハーモニック
マイナースケールの音を使ってメロディを作ってみると、第6音と第7音の間を行き来するときに、強い違和感が
あります。これは、ハーモニックマイナースケールの第6音と第7音の間が半音+全音と広すぎることが原因です。
半音の違いは、音楽では致命的な大違いなのです。
そこで、この2音の間を違和感なく移動するために、第6音も半音上げてしまいました。
こうして、このメロディックマイナースケールが完成したわけです。

ハーモニックマイナースケールの問題点

しかし、このスケールにも問題があります。以下は、AメジャースケールとAメロディック
マイナースケールを表す楽譜です。


1音しか音が違っていないのがお判りでしょうか。
そう、メロディックマイナースケールは、マイナースケールとしてはあまりにもメジャースケールに近く、
悲しい響きを出しづらいのです。これでは、悲しさを出すためにマイナースケールを使う意味がありません。
そこで、クラシックなどでマイナースケールの響きを強調するときは、次のようにします。
メロディが上昇する→メロディックマイナースケール
メロディが下降する→ナチュラルマイナースケール

なぜハーモニック・メロディックマイナースケールが生まれたのかわかっていれば、なぜこうなるのか理解
できると思います。つまり、そもそも上昇して綺麗に終わらせるために作ったスケールなのだから、下降する
時にも使う必要はない。ということです。
これによって、美しく終わりつつ悲しさを出すスケールを作ることができました。

いかがでしたか。難しい話が多くて疲れたかもしれませんし、そうでもなかったかもしれません。
重要なのは、音の配置などを暗記することではなく、「ある表現したいもの」を音楽で表現するときに、何を使えば
いいのか思い出せることです。それには、もしあなたがある程度響きを感じることができる自信があるなら(明るいか
暗いか程度でも)、ぜひいろいろなスケールを使った曲を聞いたり、スケールの音を鳴らしたりして、その響きと
知識を結び付けてみてください。きっと、あなたが作曲をするときに役に立つと思います。

次回は、「和音・コード」です。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`fc2` not found]


コメントを残す